カマグラの正しい服用方法

カマグラだけではなく、ED治療薬が効果が無かったと言われる方の多くが服用方法の誤りがあります。
特にカマグラ系では、知らなことで効果が得られない事が有ります。

病院であれば正しい服用方法を、正しい分量の説明をして頂けます。
ですが、個人輸入において カマグラゴールドを購入する場合などは、全て自己責任で服用方法などを確認する必要があります。

カマグラゴールドの服用方法の注意点とは?

カマグラゴールド不要時の注意点

・カマグラゴールド ₍50mg、100mg)の成分用量によって分割服用
・最大100mg/日まで
・空腹時での服用(食前30分前)
・お酒、牛乳、グレープフルーツと一緒の服用は厳禁

カマグラゴールドは4分の1に分割から始める

日本人であカマグラゴールドの成分の服用量は25mg~50mg/日とされています。
海外では100MG/日とされている点でも差異があります。
これは体格の差が理由と言われる情報もありますが、同じアジア諸国でも100MG/日である場合もあるので、一概に言えないかもしれません。

どちらにしても、体格だけでなくお薬との相性などの個人差がありますので、一気に100MG/日ではなく分割から始めると良いでしょう。

カマグラゴールドの錠剤は分割でも問題がない錠剤設計となっています。

経済的にも25MGで効果があるのに、わざわざ100MGを服用する意味はありません。

カマグラゴールドは食前が好ましい

カマグラゴールドの服用タイミングは、食前30分又は食後2~3時間が目安です。
食後の場合は食べた食事の質によりますので、脂っこい消化が遅いモノですと3時間位待つ必要が有ります。

これは、胃の中に食べ物があると充分にカマグラゴールドが十分に効果が発揮しません。

カマグラゴールドは牛乳、グレープフルーツとの服用は厳禁

牛乳牛乳の飲むと胃に膜が張られますので カマグラゴールドの吸収が阻害され成分が十分に吸収されずに排出されてしまいます。

グレープフルーツここではグレープフルーツを例にあげましたが、基本的に柑橘系と カマグラゴールドの併用は避けてください。

柑橘系の「フラノクマリン酸」は血中濃度を高める働きがあります。

柑橘系とカマグラゴールドを併用摂取すると血中のシナデナフィル濃度が上昇し薬が効き過ぎてしまし、副作用も強いものとなってしまいます。

ちなみに、お酒は飲み過ぎない程度ならば大丈夫です。

カマグラゴールドの副作用が心配 ?!

カマグラゴールドはどんな副作用がある?

カマグラゴールドの副作用は比較的高い割合で発症すると言われています。

ですが、ご安心ください。 カマグラゴールドの副作用の症状はすぐに落ち着きます。

副作用と呼ぶべきなのか、カマグラゴールドの主効果は血流を良くするので、その結果、頭痛や“ほてり”、目の充血等が発生します。

頭痛:

カマグラゴールドの副作用で,一番多い症状です。

カマグラゴールドの有効成分が血管を膨張させ血流を良くするのですが、体内の血液量は変わりません。

そのため、軽度の貧血状態になる場合があり、その結果、頭痛を感じます。

鼻づまり:

鼻孔内には多くの血管が通っており、鼻から入った空気は血管を通じて温められてから肺に入ります。カマグラゴールドを服用すると鼻腔内の血管も膨張することで空気が通りにくくなってしまい結果、鼻詰まりとなる場合があります。

顔の火照り(ほてり):

頭痛や鼻づまり同様にカマグラゴールドは血流を良くし血管が拡張します。

ですので、顔周辺として額や頬でも同様に血流がよくなるので顔全体が火照ってくることになります。軽いめまいや目の充血などあり、感覚としては飲酒時のような感じです。

徐々に カマグラゴールドの副作用としての火照りは冷めますので症状として軽度ですのでご安心下さい。

副作用については「こちらも」もご覧ください。

おすすめ記事