カマグラゴールドの副作用と禁止事項

カマグラゴールドだけでなく医薬品には服用方法について注意事項があります。個人輸入の通販を利用して気軽に購入ができるメリットがあります。
ですが、あまり意識されていないデメリットがあります。

個人輸入でのお薬の購入は個人責任となります。
まずは、カマグラには、どのようなリスクがあるのかを知り安全にご利用をしてください。

カマグラの副作用とは?

カマグラゴールド及びシリーズの副作用はお酒をたくさん飲んだ時のような症状になる事があります。

ED治療薬の効能は血流が促進されます。
そのため、目の充血や、顔が紅くなったりなどが副作用として現れる事があります。

どんなお薬でも副作用の表記が必ずありますように、個人では関係がないかもしれませんが、一応、副作用は確認してください。

カマグラゴールド(シリーズ)の商品概要についてはこちらを

それよりも、服用してはならない人のカマグラだけでなく、ED治療薬の服用には注意が必要です。

カマグラゴールドの併用禁止。治療中のご病気のある方は要チェック。

併用禁止薬とは?

カマグラゴールドは安全なお薬ではあります。
ですが、カマグラゴールドは他の薬と一緒に利用する場合は注意が必要です。
充分な効果が得られないだけでなく副作用が危険となる場合があります。

カマグラだけでなくED治療薬は、心臓や脳の血管に影響します。
そのため、心臓や脳などに関わる病気をお持ちでお薬を服用している方は確認が必要です。

特に心臓、脳の血管系の病歴や通院中ならば医師にカマグラ服用の確認をして下さい。

【カマグラゴールドの併用禁止薬とは?】

・硝酸剤・NO供与剤(ニトログリセン):飲み薬だけでなく張り、塗り薬もあり。
・亜硝酸アミル、ニコランジル
・塩酸アミオダロン(アンカロン錠):QTc延長作用₍不整脈、失神の原因)を強める。
・硝酸イソソルビド
・リオシグアト(アデムパス):「症候性低血圧」を引き起こす。シルデナフィルとの相乗効果あり。

【カマグラゴールドの併用注意とは?】

・チトクロームP450-3A4阻害薬(誘導薬):これらはお薬の吸収や代謝を調整します。

・降圧剤、a遮断剤、カルペリチド:それぞれ血圧、血管拡張が調整される作用があります。

【カマグラゴールドの服用禁止の人たちとは?】

・低₍高₎血圧症(血圧に異常の有る方)

・網膜色素変性症(眼の血管にも影響)

・心血管系の障害

・その他、併用禁止薬品服用中

・肝機能障害
・シルデナフィルへのアレルギー

・脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などが原因で通院歴のある方

低₍高₎血圧症

マグラゴールドは血流を良くする成分があります。血管を拡張することによって血圧が低下します。

低血圧症の方は、

カマグラゴールド服用で、更に血圧が低下する事になり血の巡りが悪くなり、頭痛、めまい、息切れ、動機などが引きおきます。
低血圧の人に頭痛が発生するのと同じようにカマグラゴールドでも同様な症状が発生します。

血圧の目安としては50mmHg~90mmHg未満の方は避けて下さい。

高血圧症の方は、
普段、血圧を下げるお薬を常用されているはずです。
ですので、カマグラゴールドと併用すると更に血圧が下がるため危険です。

基本はカマグラゴールドの服用はやめた方が良いでしょう。

網膜色素変性症(眼の血管にも影響)

カマグラゴールドの主成分であるシルデナフィルには、勃起を阻害する酵素(PDE5)に作業しますが、この作用が網膜視細胞にある酵素(PDE6)にも影響する事が分かっております。

心血管系の障害

前提としてはカマグラゴールドの服用が出来ないというよりも、セックス自体の激しい運動が血圧に影響を与え体に負担がかかります。

その上でカマグラゴールドを服用すると更に血圧が変化し身体に負担がかかります。

肝機能障害

カマグラゴールドの主成分のシルデナフィルは主に肝臓で分解、処理されます。
ですので、肝臓に障害をお待ちの方が服用すると排せつが遅延しいます。

血漿(けっしょう)中濃度が高いと カマグラゴールドの副作用が強くなるで危険です。

シルデナフィルへのアレルギー

どんなお薬にも言えますが、 カマグラゴールドの主成分のシルデナフィルにアレルギーがある場合です。痒みや発疹が現れます。

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などが原因で通院歴のある方

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の通院歴がある方は、急激な血圧の変化に脳が対応できない可能性があります。
基本はカマグラゴールドの使用はしないでください。

その他、併用禁止薬品

カマグラゴールドだけではありません。
何か医者から処方されている方は、掛かりつけのお医者様にご確認下さい。

通院歴があってもカマグラ服用可能とは?

通院歴があってもカマグラゴールド服用可能な場合

病院への通院歴があっても、治療からの経過年数によってはカマグラゴールドの服用が出来る場合もあります。

治療から現在に至るまでに実は病気が再発していることも考慮してください。
掛かりつけの病院で再受信をするなど、カマグラゴールドの使用が可能かを確認してからご利用ください。

https://tridef.com/

おすすめ記事